読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるみの言葉のいろはにほへと

メンタリストナレーターの私が、効果的な、聴く事・話す事の方法をお教えします^^東京や各地方でナレーションやリポーターのお仕事をしています!!!心理学を用いて、恋愛やビジネスに強い話し方、聴き方を学んでいきましょう!

求める答えは男女によって違いがある

くるみです^^

 

週の始まり、月曜日、みなさんはいかがおすごしですか?

もうすぐバレンタインデーですが、みなさんは素敵なひと時を過ごせそうですか?^^

せっかくの素敵なイベントなのに、小さな事が原因で喧嘩になってしまったり、

そんなつもりはなかったのに、なんだか怒らせてしまった・・・など経験ありませんか?

 

今日は、男女によって求める答えが違うという観点から、解決策をお教えします^^

 

よく、

女性から男性に相談事をすると、せっかく解決方法を考えたのに、そっけなくされたり、そうじゃない!!!!!!と怒られたり経験ありませんか?

 

または、

付き合っている彼がなかなか自分には相談ごとをしてくれない・・・いつも私ばかり・・・という経験はありませんか?

 

 

そもそも男女は求めるものが本能的に違うのです。

 

歴史を随分とさかのぼると、

男性は基本狩りに出ます。

トラブルがあったとき、男性は命がかかっているのですぐに解決方法を考えます。

例えば、

怪我をした!!→すぐに止血しなければ

後ろに獣がいるぞ!!→すぐににげろ

 

一方女性は集団で行動することが多く、孤独は死を意味します。

そのため、共感する事が本能的に行われ、他人と共存する術を持ち合わせています。

 

これが、男女混合となると、

怪我をした!!!→いやだー!ぐろいー><

後ろに獣がいるぞ!!!→こわいー><どうしよう><

 

となります。危険ですね笑

 

一方、村等で

今日はさむくて洗い物が嫌でした→さむいですよね、たいへんでしたね

というところが 

今日はさむくて洗い物が嫌でした→それでも洗い物はしなきゃいけないのだから早く終わらせた方がいい。急ぎではないなら、別に明日でもいいのでは?

 

 

女性のみなさん、そんなこと言われたらムキ――――!!!となりますよね笑

 

 

男性のみなさん、女性はそもそも答えや解決策は求めていないのです。

大丈夫?たいへんだっだね、怖かったね、つらかったね、と共感してもらえれば大抵満足されます。

もちろん具体的に答えが欲しい場面もありますが、それでも、第一声、やさしく共感してもらったら、「この人は私のよき理解者だ」とやさしい印象お与えられるでしょう。

 

 

インタビューの場面でも同じです。相手に共感し、うなずく事で、どんどん心をひらいてくれます。

 

逆に女性のみなさん、男性から相談ごとを持ちかけられたら具体てな解決方法を提案してみてください。

この子はできるこだ!!頭がいい!!頼りになる!!という印象を与えられます。

なにも思いつかない時は、一緒に考える姿勢をみせるといいでしょう

「解決方法が具体的に思いつかないんだけど、どうしたら答えがみつかるだろう。一緒に考えましょう」でいいのです。

後は、具体的に、解決策となりそうな、場所や人、行動を示してあげましょう。

 

いかがでしたか?^^

男女によってとらえ方はいろいろですよね

 

最近では女々しい男性、

男らしい女性も多くいらっしゃいますが、基本的に本能なので、

まずはこの方法を実践して、その人を分析する事をお勧めします~~^^

 

みなさんの素敵な一日が、もっと素敵になりますように!!

 

 

くるみ